RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
居酒屋てっぺん見学
副院長のようこです。
他の医院さんとの集まりがありました。
院長先生含め、意識の高いスタッフさんが集まり、総勢30名近くの集まりになりました。
みなさん、「てっぺん」という居酒屋さんをご存知でしょうか。そこの社長さんが行っている朝礼が、すばらしいものなのです。
夢は、いつもまにかかなうものではありません。日々努力し、毎日が、少しずつ夢に近づいていくものなのです。その意識を、仕事が始まる前の朝礼で高めあい、心を最高の状態にして、お客様をお迎えする、というものなのです。
てっぺんでは、みなさんが生き生きと働いていらっしゃいます。
その朝礼を見学(いや、いや、見学ではなく、参加、ですね)してきました。
そんな場所でパワーのある場所で、さらに、パワーのある院長先生やスタッフさんに会ってきました。
いとう歯科医院からも2名の歯科衛生士、いよちゃんとしおりちゃんが出席しました。二人は、はじめ、その場のパワーに圧倒されたようでしたが、次第に士気も高まり、すばらしい状態になりました。また、同じ職業の歯科衛生士さんと話すことができ、苦手なことに向かっていく大切さと、勇気をもらったのではないかと思います。
本当に、すばらしい時間でした。
この会を企画してくださった、覚王山のたなか歯科クリニックの田中先生に心から感謝いたします。一緒に参加してくれた、いよちゃん、しおりちゃん、ありがとうね。
そして、同じ時間をともに共有できる夫に感謝です。
そして、その間、ママの留守を一生懸命がんばってくれた娘に感謝し、娘を看ていてくれた、ジイジ、バアバに感謝しつつ、私は多くの人に支えられて生きているのだと、改めて思うのでした。
author:itosika, category:感謝, 23:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
感謝の気持ちを持つスタッフ
副院長のようこです。

いとう歯科医院では、現在、朝礼で 『感謝する』 ことを行っています。

「感謝の気持ちを持つことができる」のも、「感謝されること」もうれしいものです。

今朝は、いよちゃんが、「体調を崩しお休みをして、みんなにフォローしてもらいました。ありがとうございました」と発表しました。
一人のお休みをみんなでカバーするのは、チームとして、当たり前のことです。でも、そのことを当たり前と思わず、「感謝」の気持ちを言葉にあらわすことをしたのです。

素晴らしいことだと思います。
今日も、感謝の循環を感じることができました。

いよちゃん、ありがとう。
author:itosika, category:感謝, 22:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
第1回キックオフミーティング

副院長のようこです。

本日、いとう歯科医院、始まって以来、初めての、キックオフミーティングを行いました。
これは、毎月している通常のミーティングとは違います。1年間の総括のミーティングです。
朝から夕方まで時間をとり、場所も、いつもの医院ではなく、ゆめたろうプラザのミーティングルームを借りてのスタートとなりました。

このミーティングを成功させるため、院長はじめ、スタッフのみんなもそれぞれ、用意をしました。
今回のメインイベントは、スタッフの「いとう歯科医院で頑張ってきたこと」の発表です。
もち時間は一人20分。発表形態は、パワーポイントを使用すること、と指定しました。スタッフの中には、パワーポイントを知らない人ももちろんいました。だから、できばえにそれほど期待をしていませんでした。初めてのパワーポイントだもんね。
しかし、みんなは、私たちの期待を見事に裏切ってくれました。
みんな、パワーポイントを完全に使いこなして、アニメーションまで入れています。
そして何よりも、みんな本当に、内容の濃い発表でした。

今回の発表ですごく良かったなと思うことがたくさんあります。
本人が、自分が頑張ってきたことを再確認でき、自分の成長の軌跡を見ることができたこと。自分の成長は、周りのみんなのおかげだ、と感謝の気持ちを素直に述べることができたこと。
それをみんなで共有し、「あ、○○さんは、こんなにがんばったんだー」と、自分以外の人のがんばりを素直に受け入れ、惜しみない賞賛を与えることができたこと。
そして、こんな素晴らしい仲間と一緒に働くことができて、うれしい、と幸せをかみ締めることができたこと。
それが、団結力へとつながっていくと、直感で感じることができたこと。
みんなの患者さまへの優しい心、いたわりの心、をまた知ることができ、本当に、一緒に同じ方向に向かって歩んでいるんだ、と実感できたこと。
みんなで作り上げていくんだ、と感じることができたこと。

などなど、本当に、たくさんの学びがありました。

発表は、涙あり、笑いありの、感動のステージでした。

本当のステージは、また明日からの診療です。

来年は、「未知への挑戦」です。
私たちいとう歯科医院は、これからもまだまだ挑戦し続け、進化し続けます!

author:itosika, category:感謝, 23:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
接遇セミナー4回目
副院長のようこです。

本日は、接遇セミナー4回目でした。
「コミュニケーション」というタイトルでしたが、内容は「自分の殻をやぶる!」というものでした。

(ずっと、「セミナー」と言う言葉を使っていますが、聞くだけの講義ではないので、「研修」の方が適切かもしれません)
短い時間の研修の中で、「スピーチをする」などという訓練をとおして自分を表現し、相手と関係を築いていくということをしました。
自分の「ここまで」と思っている限界を超えて、一歩踏み出してみる、そこには、「幸せ」が待っていると言うことを学びました。
これは、頭ではわかっても、実際に一歩踏み出してみて経験してみなければ、なかなか本当には理解できないことかもしれません。
そういう世界があるのだということを知ったので、「やってみたい」という気持ちが大きくなりました。

この研修で学んだこと、感じたことがたくさんあるのですが、私のつたない文章では表現しきれません。
ただ、一つここで書きたいことは、この研修を通して、みんな(一緒に働いている仲間)のお互いの距離がさらに縮まったのではないかということです。
いとう歯科医院の仲間は、今でも仲がよく、強いチームワークをもっていると思います。
しかし、実はもっともっと結束がかたくなりえる能力を秘めているのです!
私達は、最強のメンバーになりえるのです!

みおちゃんは、「強さ」は、はじめから強かったのではなく、乗り越えなければならないものを乗り越えたときに、人は「強く」なれるのだと教えてくれました。
ゆうちゃんは、重いテーマを通して、人と人とのかかわりの大切さを教えてくれました。
れいちゃんは、大いなる自分の成長をみんなと共有し、他のメンバーに難関を乗り越える勇気をくれました。
しおりちゃんは、自分の人生の転機を教えてくれ、ここにこうしてみんなが集まっている奇跡を教えてくれました。
いよちゃんは、しんどいときの頑張り方、乗り越え方を共有させてくれました。
めいちゃんは、つらかった経験を「良い方向」に解釈する、ポジティブ思考を実践してくれました。
院長は、死ぬほどつらかった時期を乗り越え、そこから得た教訓を生かそうとしているからこそ、こうしてここに自分が立っていられるということを教えてくれました。

8人みんなが、つらい時期があり、それを乗り越えたとき、一つ成長した自分があることを教えてくれました。
今までも、みんなのことは好きでしたが、今回のこのセミナーで、今まで以上に愛情がわきました。
こんな素敵なメンバーたちと一緒に働けることに本当に誇りに思います。
こんな気持ちにさせてくれた、講師の先生に、本当に感謝でいっぱいです。
author:itosika, category:感謝, 23:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark